So-net無料ブログ作成

祈り [祈り]

今日の扶助協会のレッスンで心に残ったことを書き留めます。

ジェージ・アルバート・スミス大管長の教えです。

祈りについてですが、私たちは心を開いて祈り天を開く必要があります。

また、家族と個人の祈りについて

「私は次のことを強調したいと思います。私は、末日聖徒が祈りを、すなわち個人の祈りと家族の祈りを

怠らないようにと願っています。

家族の祈りや個人の祈りを行わない家庭で育つ子供は多くのものを失います。

混乱し、慌ただしく、騒々しい世の中にあって、家庭がしばしば祈りもなく、

主の祝福もないままであることを、私は心配しています。

このような家庭の幸せは続きません。

どの時代の人々も天の御父を必要としていましたが、私たちも同じように天の御父を必要とする

時代に生きています。

神の力を自ら放棄しないでください。

皆さんの家庭に祈りと感謝がもたらす力を保ち、人類を創造しすべての善きものを与えてくださる神に、

感謝の気持ちを溢れんばかりにしてください。

家庭を絶えず祈りと感謝をささげる場、互いに感謝しあう場としましよう。」

これを読んで家族の祈りがなかなかできていない私たち家族は、

何と多くの祝福を取りこぼしてきたのかと思い、また子供たちに申し訳ない気持ちになりました。

子供たちに福音を教えるのは親の責任です。

子供たちが信仰の芽を出し育てるように導くのも親の大切な務めです。

でも、なかなかできていないのが今の私の現状です。

もっと悔い改めて、子供に口だけでいうのではなく模範を示したいと今日のレッスンを聞いて思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。